取るに足らないこの世界で

舞台俳優とか、V系バンドマンを追いかけてる

ただの書き殴り

推しが出演している舞台の面会での私の立ち回りが、あまりに酷すぎて泣きそうになっているので、冷静になる為にも携帯から書き殴ります。落ち着いたら消すと思います。

 

本当に何も出来なかった。

今日は差し入れを持って行ったのに、直接渡す事が出来ずスタッフさんに託してしまった。これが本当に最悪。何してるんだろう自分。

 

今回の舞台もほぼ全公演観に行くから、もう今日も何度目かの面会で。そろそろ公演折り返しだから、絶対に今日差し入れを渡そうと。

なのに渡せなかった。

 

ちゃんと接点は持てた。今日の感想も伝えて写真も撮ってもらった。けれど、差し入れ渡さなきゃと思い立って目を離した隙に他の方が話し掛けに来てしまった。

あぁ、この人も推しのファンになってくれたら嬉しいなぁ。それに、私は毎日面会してるし、邪魔にならない方がいいよね。なんて、会話が終わるのを待っていたけれど、一向に終わらない。

 

けれど、此処で無理に間に割って入る事も失礼になるし、推しに嫌な顔されたら傷付くし、それに新規ファン獲得のチャンスかもしれないし…とかそんな事ばかり頭の中でぐるぐるぐるぐる。

 

結局、暫く近くで待っていたけど順番が回って来なさそうだったのと、推しに気を遣わせるのが辛くて居た堪れなくて、結局受付に差し入れを預けてそのまま帰って来てしまった。

 

差し入れありがとうございました、と明日聞くのが辛すぎて行きたくない。直接聞きたいっていうワガママと、もう少し待って居れば、もう少し強引に割り込めて居れば、という自己嫌悪ばかり感じてしまう。

 

渡した瞬間の顔が見たかったのに、見れなかった。たったそれだけの事なのに、どうしようもなく辛い。

けれど、いつも来てるのに強引に話し掛けてくるなよと思われるのも嫌で、結局もう行きたくないという答えしか出ない。

 

行くけどね、辛いなぁ。しんどいな。

表じゃ絶対に書けないけど、人の推しを軽々しく「推せる」って言う人や、今回みたいに空気読まずに割って入ってくる人が大嫌い。

そう言われたら嬉しいよ。推しに興味持ってくれるのは嬉しい。けどどうせそういう人たちは推さないんだよ。

 

軽々しく推しにリプライを送って欲しくない。どうせ推さないならやめて欲しい。お金を落としてからにして欲しい。ちゃんとお金を掛けて応援して欲しい。一枚でもチケットを推しの名前で勝って欲しい。

 

色んなモヤモヤが出て来てしまう。

推しを好きと言われるのが嬉しいのも本当。けれど、私よりお金を落としてからにしてくれ、と思うのも本当。

 

今日は自分が本当に最低だった。

直接接すると、嬉しい事もあるけど傷付く事もあるから嫌なんだと言うジレンマ。つらい。