取るに足らないこの世界で

舞台俳優とか、V系バンドマンを追いかけてる

二推しの舞台を観てきた

 

 こんにちは、moumouです。少し前から、アイコンが牛になりました。そして沢山の閲覧と☆、ありがとうございます。とても励みになります。

 

 さて、先日二推し(背が高い、足が長い、顔がいい、演技の癖が凄い、何なら表情の癖も凄い、そして可愛い)の舞台を観に行きました。

 その舞台への出演情報が発表された時は、「フライヤー素敵!世界観が二推しにぴったり!」とワクワクしていたのですが…。その後発表されたビジュアルを見た途端驚愕。

 

 

「二推しが、…おブス過ぎる…!」

 

 

 役作りのために髪を切った、と呟いていた二推し。え、いや、なんでここまで髪切らせたの…!?というか、ヘアメが全然イケてない…!

 百歩、千歩譲って二推しだけが盛れてないならまだ分かる。キャスト全員盛れてない。ヘアメが悪いのか、カメラマンが悪いのか、はたまたその両方か。とにかく、全員普段の姿のほうが断然素敵!となるレベル。あるキャストさんの顔に髪の毛が数本かかっていることに気付いたときは、誰かフォトショ使って…!と叫びたくなりました。

 

 あぁ、これは合わない(やばい)舞台だな、と密かに思いながら当日を迎えたわけですが…やっぱり合わなかった!!

 

1.キャラクターの関係性が把握できない問題

 キャラクターが多数登場する作品だと、主人公が所属するA群・敵対するB群・その他のC群、のようにいくつかのチームに分かれることが多いと思います。

 この場合、最初にそれぞれのチーム内の関係性を描いたうえで、他のチームとの関係性を描いて貰えると、比較的楽に相関図が描けるのですが、合わない舞台は冒頭のシーンからいきなり複数のチームのキャラクターが入り乱れて登場するので、誰が誰と仲間なのか分からない。もはや主人公さえも分からない。

 せめて衣装にハッキリとした違いがあれば分かるけれど、こういう時に限って大体みんな服装が似てる!序盤にして今日はやばいと悟る!

 

2.殺陣が色々凄すぎる問題

 殺陣の見応えが無いな、という事は時折ありますが、今回の作品は群を抜いて凄かった。まず、効果音が入らない。大抵の作品は、刀が交わる音や傷を負う音などが入ると思うのですが、この作品は全く入らない。この展開は想像してなかった!

 それに伴い、何が致命傷だったのか分からない。あ、傷を負ったな…え、今ので死ぬ…!?という展開が2、3回ありました。そして逆に、死んだと思ったら生きていたパターンも。絶対死んだと思ったのに、次のシーンに何食わぬ顔で登場してきて2度見しました。もう、だれが生きていて誰が死んでいるのかすら分からない。怖い。

 

3.キャラクター多すぎた問題

 作品に不要なキャラクターなんて居ない。それはもちろん分かっているけれど、だったらもっとうまくキャラクターを使って欲しい!名前もビジュアルも似ているキャラクターが多い上に、いわゆるアンサンブルが居なかった為、主人公とヒロイン以外のキャラクターの存在感が凄く薄かった。

 色々ストーリーが飛び交いすぎて、ひとりひとりのバックボーンに厚みがない。それなら、もう少しキャラクターが少ない方が理解しやすかったなと思ったり、思ったり、、。

 

4.「良かったです!」以外の感想が出てこない問題

 合わない作品観た後あるあるだと思うのですが、これが一番大変!二推しとは面会したい。けれど感想が無い。だけど会話はしたい。けれど何も出てこない。あ、でも何か言わなきゃ…「今日の舞台も良かったです!」

 この言葉を言われた役者さんは、「あぁ、今日の作品は良くなかったのだな」と感じるてしまうらしいし、感じさせてしまって申し訳ないな…と思うのですが、本当に、本当に、これ以外何も言えないんだ、許してくれ…。

 あと言いがちなのは、「殺陣が迫力満点で鳥肌立ちました」と「ヘアメイクが素敵です」とか。そう、内容には触れられないのだ…。

 

  そんなツッコみだすと止まらなくなる作品でしたが、やはりこれはただ一個人の意見なわけで、真逆の感想とかを目にすると、そういう見方もあるのか~と目から鱗な今日この頃です。それに、推しが出ている舞台≠自分の感性に合う舞台なので、1年に1度でもそんな舞台に巡り合えればいいな~と思ってます。

 

 そして、二推しはやっぱり可愛かった!最高に可愛かった!髪も若干伸びていて、メイクも少し変わっていて、本当に良かった!

 面会の話になってしまいますが、最高にキュンとしたポイントは、私の姿を見つけてくれた瞬間に「うわ~~~moumouさ~~ん」と胸の高さで両手を振ってキラキラの笑顔を見せてくれた瞬間です。無理だ、尊過ぎる…観に行って良かった…。

 

 

 -☆-☆-☆-☆-☆-☆-☆-☆-☆-☆-☆-

 

↓ 憧れていたので作ってみました。お気軽にどうぞ ↓

moumouの質問箱です | Peing -質問箱-